カンヌで注目の次世代エージェンシーR/GAに学ぶ、これからの広告会社の姿

※このコラムは、宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 なぜ今新しいエージェンシーが必要なのか 300人を超えるブランド企業やエージェンシーが3泊4日で一同に介するマーケティングイベント「imediaブラ…

Continue Reading

広告主が「広告」主ではなくなる日

※このコラムは、宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 パナソニックが広告事業を開始 前回のコラムでは、縦割り組織が現在のデジタル時代、ソーシャルメディア時代においてはデメリットの方が大きくなりつつあると…

Continue Reading

まずは「縦割り組織」の壁をぶち壊すところから始めよう。

※このコラムは、宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 縦割り組織のデメリットが明確化している 前回のコラムでは、少し寄り道して最近、話題の広告代理店とコンサル会社の競合について考えてみましたが、この話と…

Continue Reading

総合広告代理店とコンサル会社は、日本でも激突することになる

※このコラムは、宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 広告主の相談相手は広告会社かコンサル会社か? 前回のコラムでは、クチコミやオウンドメディアが従来の広告と本質的には異なる存在なので、単純に広告の代わ…

Continue Reading

クチコミやオウンドメディアに、広告と全く同じ役割を期待するのはやめるべき

※このコラムは、宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 トリプルメディアで考えると分かりやすい 前回のコラムでは、アンバサダープログラムのようなクチコミを意識した施策を実施する際に、よく陥りやすい議論のル…

Continue Reading

アンバサダープログラムとは何か?検討する際に必ず議論のループが起きてしまう訳

※このコラムは、宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 アンバサダーを軸にクチコミや評判が広まる仕組み 前回のコラムまでは、日本企業のデジタルマーケティング人材の構造や、日本企業の組織構造など、デジタルマ…

Continue Reading

日本企業「低迷」の原因は、縦割組織に慣れたサラリーマン社長の増加にあるのでは

※このコラムは、宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 日本企業が長らく低迷から抜け出せないのはなぜ? 前回のコラムでは日本企業においては、なかなかデジタルマーケティングに取り組んでいる人材が評価されにく…

Continue Reading

昨今のデジタルマーケターの「転職」や「独立」から考える日本企業の人材育成

日本はマーケターの社内評価と社外評価が乖離している? 前回のコラムでは、日本の広告主と広告代理店がイノベーションのジレンマにはまらないために重要なポイントの一つは、広告の効果測定を施策ごとではなく俯瞰的に全体を見ることで…

Continue Reading

2016年の「広告効果測定」は、一つの施策ごとではなく全体で見てみませんか?

広告に触れる順番で「効果」が倍以上に変わる 前回の昨年最後のコラムでは、ワールドマーケティングサミットの議論を元に、日本の広告主と広告代理店が置かれている状況は典型的なイノベーションのジレンマの構造になっているのではない…

Continue Reading

日本の広告主と広告代理店がこれから直面していく「イノベーションのジレンマ」とは?

顧客の声を聞けば聞くほどデジタル化は不要? 前回のコラムでは、ワールドマーケティングサミットのドン・シュルツ教授のセッションを元に、広告大量投下だけでは勝てない時代に重要な3つのテーマについて考察しました。 ただ、最後に…

Continue Reading

広告大量投下だけでは勝てない時代に重要な3つのテーマを、ドン・シュルツ教授の講義から考える

前回のコラムでは、失敗を許容できる組織でなければ、新しい挑戦が必要なデジタルマーケティング時代は生き残れないのではないか、という話をご紹介しました。 この話の前提にあるのは、マスマーケティング時代においては、テレビCMや…

Continue Reading

失敗を許容できる組織でなければ、デジタルマーケ時代は生き残れない

トップが失敗を許容できるか 前回のコラムでは、新しい企画を上司が理解してくれないなら、自分の権限の範囲でリスクを取るべきではないか、という話をご紹介しました。当然、この議論をする際に問題になるのが、「では、リスクを取った…

Continue Reading

1 3 4 5 6 7 19