アンバサダーサミット2014レポート(1) 代表取締役 徳力基彦 ご挨拶

Pocket

アンバサダー・ラボ編集長の四家です。
さる2月5日、東京・九段にてアンバサダーサミット2014を開催いたしました。

 

アンバサダーとは英語で大使のことを意味しますが、AMNではブランドや企業についてのクチコミをしてくれるファンを「アンバサダー」と位置づけ、2013年の一年間アンバサダーを重視したアプローチが企業のマーケティングにもたらしてくれる新しい可能性について模索を続けてきました。今回のアンバサダーサミット2014においては、2013年のAMNの活動で学んだことを皆さんに共有させて頂くとともに、企業のマーケティングにおけるアンバサダーを重視したアプローチの課題や可能性について、皆さんとともに議論させて頂きたいと考えております。

・アンバサダーサミット2014

というわけで、会場にはおよそ200名の方々にお集まりいただきました。

 

まず最初に、代表取締役徳力基彦よりごあいさつ。
「今年のテーマは『ソーシャルメディアやアンバサダーのクチコミの価値をどうやって測るべきか』とし、かねてからの課題であったソーシャルメディアの効果測定について「グロースハッカー」などを引用しながら、効果の規模より「ユーザーの共感」と「共感の共有」のサイクルから生まれる購入促進に注目すれば、広告などのマス施策とも伍する効果があるのではないか」との仮説を展開し、「今年はこうした「クチコミの価値」を明らかにすることに注力し、成果を来年のサミットで発表したい」と宣言しました。

また「こうした動き方を加速していくため、AMNの経営体制を変更する。これは役割分担の実態に近づけていく変更で、

社長は徳力から上田怜史へ
副社長は高柳慶太郎
徳力社長退任と言ってもやめる気は全くない。CMOに就任する。
CMOは 
・Chef Marketing Officer
・Chef Moso Officer (会社の妄想担当)
・Chef Moderator Officer (本日も3セッション全部モデレーター)の意味がある」

と、3月1日からの新しい経営体制を紹介しました。

Author Profile

四家 正紀
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 シニアコンサルタント
1967年千葉県生まれ 法政大学法学部政治学科卒 1996年(株)インプレス入社。ネット広告事業の立ち上げを担当 2002年(株)カレン入社。広報を担当しながら2004年春から企業のブログ活用について啓発活動を展開。 同年秋から味の素など大手企業のブログ案件プロデュースを開始、数多くの企画を手掛ける。 2007年よりJR東海新幹線ブロガー企画などブロガーイベントのプロデュースも担当。 2010年4月より(株)ニューズ・ツー・ユーに勤務。ネットPRの商品開発、顧客向けイベントなどを担当 2013年7月1日アジャイルメディア・ネットワークに入社。改めて、ソーシャルメディアに挑戦する。 著書  『ビジネス・ブログ・ブック』(共著 2005) 『図解 ブログ・マーケティング (翔泳社・図解シリーズ)』(2005) インターネット白書2007に『ブログマーケティング』について執筆。 他執筆・講演多数。 AMNパートナーブロガーとして 裏[4k] を運営。 また趣味としてソーシャルメディアと連動する落語会『シェアする落語』を主催している。
Pocket

アンバサダーアンバサダーサミット2014

四家 正紀 • 2014年2月17日


Previous Post

Next Post