アンバサダーサミット2014レポート(2) 次期代表取締役 上田怜史 プレゼンテーション

Pocket

(レポート1はこちらです)

編集長の四家です。
すみません大変お待たせしました。2月5日開催『アンバサダーサミット2014』のレポート2回目です。

代表取締役・徳力による趣旨説明と経営体制変更の説明のあと、徳力の紹介により登場したのは、今度は3月1日に代表取締役に就任する上田怜史(2月28日まではCOO)。ふだんよりやや緊張した面持ちで、AMNの新たなリーダーとして「アンバサダーを重視した」のコンセプトと事例をご紹介しました。


Photo by koyama(以下すべて)

 

「企業にとって繋がるべき価値の高いファンとは、企業/ブランドについて自発的に発言・推奨をするファンであり、AMNではこうした人たちをアンバサダーと定義している。自分はコーヒーが苦手なのに、接客に優れた地元のスターバックスのアンバサダーになっている。皆さんもそれぞれ何かのアンバサダーではないだろうか」

「アンバサダープログラムのゴールは、継続したユーザーリレーションのビジネスへの貢献価値を証明すること。一連の施策の中で調査を行い、ビジネス貢献価値を把握することが重要」
「アンバサダーに期待する活動から、必要な機会の提供、アンバサダーの発掘対象となるSNSなどのタッチポイントを決め、最後にKPIを設定する」

と、自身の体験からAMN独自のアンバサダープログラムを紹介し、事例として、本日のパネリストでもあるリコーイメージング様と花王様の事例を紹介。イベント・モニター・ブログ記事のまとめページなどAMNがノウハウを融合させた新しいマーケティングスキームを紹介しました。

(レポート3 に続きます)

Author Profile

四家 正紀
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 シニアコンサルタント
1967年千葉県生まれ 法政大学法学部政治学科卒 1996年(株)インプレス入社。ネット広告事業の立ち上げを担当 2002年(株)カレン入社。広報を担当しながら2004年春から企業のブログ活用について啓発活動を展開。 同年秋から味の素など大手企業のブログ案件プロデュースを開始、数多くの企画を手掛ける。 2007年よりJR東海新幹線ブロガー企画などブロガーイベントのプロデュースも担当。 2010年4月より(株)ニューズ・ツー・ユーに勤務。ネットPRの商品開発、顧客向けイベントなどを担当 2013年7月1日アジャイルメディア・ネットワークに入社。改めて、ソーシャルメディアに挑戦する。 著書  『ビジネス・ブログ・ブック』(共著 2005) 『図解 ブログ・マーケティング (翔泳社・図解シリーズ)』(2005) インターネット白書2007に『ブログマーケティング』について執筆。 他執筆・講演多数。 AMNパートナーブロガーとして 裏[4k] を運営。 また趣味としてソーシャルメディアと連動する落語会『シェアする落語』を主催している。
Pocket

アンバサダーサミト2014

四家 正紀 • 2014年2月24日


Previous Post

Next Post