アンバサダーサミット2014レポート(3) 次期取締役副社長COO 高柳慶太郎 プレゼンテーション『アンバサダー・ダッシュボード』

Pocket

(レポート2はこちらです)
次期社長の上田からの紹介で壇上に上がったのは、こちらも3月1日より取締役副社長COOに就任する高柳慶太郎です。自ら開発した新サービス『アンバサダーダッシュボード』のご紹介をさせていただきました。

adb[1]

「アンバサダープログラムでは、どういった方をアンバサダーとして どういう風に継続的に効果測定するかがカギ。これを実現するツール。既にキャンペーンなどで集めたデータを一元管理・分析してアンバサダー候補を見つけて、コンタクトしていく。

キャンペーンなどで登録してもらい、その後もネット上で自社について発言してもらっているかをトラッキング、さらにイベント参加などのアクティビティをポイント化して記録、これらの数値とユーザーチャートのスコアを基に分析し、自社にとって関係すべきファン=アンバサダーを見つけ、継続的なコミュニケーションを実現させる」

ここで高柳からの紹介で、アンバサダーダッシュボードを実際にご利用いただいている鈴木貴歩氏(ユニバーサル ミュージック合同会社 デジタル事業開発部本部長)にご登壇いただきました。

 「もともとソーシャルメディアを絡めたインフルエンサーマーケティングは得意ではあった。しかし効果があいまい・すべる、そしてコアファンを置きざりにしてしまうという問題があった。ダッシュボードを導入することで施策の測定が可能となり、ソーシャルでのバスがストックになり、また広告換算の数値が出てくる。これは社内にアピールしやすい」

と、アンバサダーダッシュボードの特長についてご説明を頂きました。

ユニバーサル ミュージック合同会社のご活用の様子については、こちらの事例をご覧ください。

AMNアンバサダー活用事例紹介(1)UNIVERSAL INTERNATIONAL アンバサダー・プログラム

 

 

 

アンバサダーダッシュボードについてはこちらをどうぞ。

アンバサダーダッシュボード

↑クリックをお願い致します。

 

続きます。

Author Profile

四家 正紀
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 シニアコンサルタント
1967年千葉県生まれ 法政大学法学部政治学科卒 1996年(株)インプレス入社。ネット広告事業の立ち上げを担当 2002年(株)カレン入社。広報を担当しながら2004年春から企業のブログ活用について啓発活動を展開。 同年秋から味の素など大手企業のブログ案件プロデュースを開始、数多くの企画を手掛ける。 2007年よりJR東海新幹線ブロガー企画などブロガーイベントのプロデュースも担当。 2010年4月より(株)ニューズ・ツー・ユーに勤務。ネットPRの商品開発、顧客向けイベントなどを担当 2013年7月1日アジャイルメディア・ネットワークに入社。改めて、ソーシャルメディアに挑戦する。 著書  『ビジネス・ブログ・ブック』(共著 2005) 『図解 ブログ・マーケティング (翔泳社・図解シリーズ)』(2005) インターネット白書2007に『ブログマーケティング』について執筆。 他執筆・講演多数。 AMNパートナーブロガーとして 裏[4k] を運営。 また趣味としてソーシャルメディアと連動する落語会『シェアする落語』を主催している。
Pocket

アンバサダーアンバサダーサミット2014

四家 正紀 • 2014年2月25日


Previous Post

Next Post