塩谷舞さんから学ぶインフルエンサーの熱の伝え方

Pocket

milieuの編集長でもあり、インフルエンサーでもある塩谷さんがインフルエンサーマーケティングについて自身のnoteで記事にされていました。

続き読むか迷って、課金してしまいました・・・。🎉祝初note課金。

結果、課金してよかったです。

途中まで読んでいた時の仮説に、塩谷舞さんが考えていたことの1つが同じでアンバサダープログラムをやる上でも自信に繫がりました。

(※アンバサダーとインフルエンサーの意味は違いますが繋がるところはあります※)

頻繁に行われている、インフルエンサーマーケティング 。

インフルエンサーのこういった、PR活動は日頃の投稿をベースとしたSNSで行われるものです。

しかし、施策をするのにもルールが存在します。

例えば、企業から商品を渡すからインフルエンサーにレビューを書いて欲しいとなった場合#PRや#Promotionなどのハッシュタグをつけなければいけません。(金銭の有無によってもつける#は変わってきます)

これは、WOMJ(The Word of Mouth Japan)という消費者を守るため作られたマーケティング協議会でルールです。

ですから、日頃料理SNSを更新している方に対して、文脈や信頼を無視した、ガジェットのレビューを書いてくれ、ダイエットサプリとして紹介してくれというものは消費者も「え、お金の匂いがする・・・」と敬遠したくなる原因の一因ともなりますし、はたまた過去にあったステマの事件のようになりかねません。

企業側も配慮しなければならない点です。

私もアメブロが流行った10代後半、20代前半に数多くのそういった記事を目にして「?」と思っていました。それのおかげで今では、ステマもモニターも耐性はつきました。けれど実際はいい気持ちで見ていません汗)お仕事だしな、と割り切ってページを飛ばしてしまいます・・・・。

しかし、塩谷さんやゆうこすさんのようにインフルエンサー自身もファンを、フォロワー(はたまたフォロワーのフォロワーも)を大切にしたい気持ちがあります。

なので、強みをだす、お互いの気持ちを高め合う為には、やはり企画からそういったインフルエンサーにジョインしてもらうのが良いんでしょうね。

施策側の熱量が受け取り側にも伝わるコミュニケーションになっていくと思います。

これはアンバサダーも然りですよね。

おっと、なんだかアンバサダーラボなのにインフルエンサーのことで大丈夫ですか?と言われそうですが、弊社はインフルエンサー事業部もございます。

しっかり宣伝しておきます。

reviews

Author Profile

吉田朗子
吉田朗子Marketing Assistant
広告の企画制作の会社から、バンクーバーでのワーキングホリデー経験をへて、アジャイルメディア・ネットワークに入社。ファンベースやアンバサダープログラムなどの事例を紹介してきます。 と、いう建前のもと「伝わる」コミュニケーション施策を勉強中です。
Pocket

アンバサダーインフルエンサー

吉田朗子 • 2018年12月12日


Previous Post

Next Post