ECサイト販売型アパレルショップのSNS施策

Pocket

 

みなさん、小嶋陽菜さんってご存知でしょうか?

元AKB48という段階まではご存知で、今何をやられているのか知らない・分からないという方が多いかと思います。今はテレビの露出は少なく、雑誌等で活躍することが多く若い女性の人気がとてもあります。

そんな小嶋さんはモデル業の他に何をやられているかというと、アパレルショップを展開しているのです。

「Her lip to」というブランドサイトで、少し大人っぽい綺麗なお洋服を販売されています。

そして、すべてのお洋服はECサイトのみの販売されています。(期間限定でポップアップストアは出店されていました)

アパレルショップにとってECサイトのみの展開は「試着できない」「色味が分からない」などと言われネガティブに捉えられてしまう場合がありますが、そのような中で実施されている施策がアンバサダープログラムに繋がるものがありましたので、こちらで記事にさせて頂きます。

施策としてやられていたことは、Her lip to ではinstagramでテンプレートを作成していらっしゃいました。

それをフォロワーに声をかけてinstagramにアップするように呼びかけています。

ECサイトのみということで、購入検討者へのアプローチとして買った人のSNSでの「声」が参考になると考えられたのでしょう。

このテンプレートには自分がどのサイズを購入し、身長がどれほどか、表記するところもあり、小嶋さんはこれを利用し、購入検討者に「もしも自分が買ったら」をよりリアルに見せることに成功されています。

 

テンプレートがあることで、統一感も伝わってきます。購入を躊躇っていた人たちが心配していた「この洋服は小嶋さんにしか似合わない?」「自分の身長だと見栄えが想像ができない」といった不安を払拭させる素晴らしいSNSの活用方法だと思います。

さらに、小嶋さんは#で選出した人たちをブランドのinstagramのストーリーズにアーカイブとして残し、購入したファンも

「小嶋さんにアーカイブにされた、嬉しい!」という気持ちにさせてくれます。

つまり、アーカイブにされた人たちが自ずとHer lip toのブランドアンバサダーになっている、という訳です。

ポップアップストアも期間限定でやられていたので、ONLINEだけではなくOFFLINE現場の良いところも反映させた全体のプロデュースが行き届いている印象です。

これを小嶋さんが発案されたのか分かりませんが、凄い、、。もともとAKBアイドルだったのでファンを大切にする、自分の立ち位置を理解されているのだと思います。

Author Profile

吉田朗子
吉田朗子Marketing Assistant
広告の企画制作の会社から、バンクーバーでのワーキングホリデー経験をへて、アジャイルメディア・ネットワークに入社。ファンベースやアンバサダープログラムなどの事例を紹介してきます。 と、いう建前のもと「伝わる」コミュニケーション施策を勉強中です。
Pocket

アイドルアンバサダーファンベース

吉田朗子 • 2018年12月10日


Previous Post

Next Post