ケロッグのオールブランは食物繊維ひとすじに100周年!(アンバサダープログラム事例①)

Pocket

ご存知でしたか?ケロッグの「オールブラン」は、今年でちょうど誕生100周年だということを。

ケロッグのオールブランは、1915年に米国で世界初の食物繊維が豊富なシリアル「ブランフレーク」として誕生しました。

それから100年。創設者のJ.H.ケロッグ医学博士と弟のW.K.ケロッグの兄弟が目指した体に良い朝食用の食品は、今ではすっかり世界中の人に愛されるようになりました。

1

「ケロッグ オールブラン」誕生100周年を記念した施策は、すでにいろいろな展開をみせています。

まず、ひとつめはパッケージのリニューアルです。商品のパッケージに100周年を記念した「食物繊維ひとすじ100年」のアイコンが入っていることに気づいている人は多いことでしょう。続いてイメージキャラクターとして新たに木佐彩子さんの起用があげられます。木佐彩子さんが登場する新しいTVCMをご覧になった方も多いと思います。さらには、小麦ブラン/便秘の専門家たちが集まって「ブランでスッキリ!委員会」の発足などなど…

そしてオールブランファンとのつながりを重視する取り組みとして「オールブラン アンバサダープログラム」が今年の2月から始まっていることをご存知でしょうか?

画像

【オールブラン アンバサダー】

「オールブラン アンバサダー」とは、オールブランに共感を持っていただける方や、オールブランの効果を実際に実感したことのある方、オールブランの取り組みにご参加いただける方、オールブランのおいしさや魅力や価値を企業と一緒に広めてくれるファンの方々のことです。

そういった方々とコミュニケーションをとって交流を深め、マーケティング活動をおこなうのが「オールブラン アンバサダープログラム」です。

健康な1日には朝食が大切です。自然由来の食物繊維(小麦ブラン)たっぷりのオールブランで、お腹も気持ちもスッキリしてもらいたい。そんな願いを込めて「食物繊維ひとすじ」で研究を重ねてきたオールブランは、今や健康的な朝食として世界中で愛されるブランドになりました。

ですので、朝食として毎日を一緒に過ごすユーザーと一緒に100周年を盛り上げようという企画は、まさにオールブランにぴったりの企画だと思います。

これから数回にわたり、ケロッグ オールブランの施策や「アンバサダープログラム」での取り組みをご紹介していきます。

▼︎ケロッグ「オールブラン アンバサダープログラム」
http://www.allbran.jp/ambassador/

▼︎ケロッグ オールブラン ブランドサイト
http://www.allbran.jp/index.html

ケロッグの「オールブラン アンバサダープログラム」事例、次回もお楽しみに!

Author Profile

藤崎 実
藤崎 実
藤崎実 アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 クリエイティブディレクター
(プロフィール) 博報堂、大広インテレクト、読売広告社、TBWA HAKUHODOでの仕事を経て、アシャイルメディア・ネットワーク勤務。AMN コミュニケーションラボ主宰。多摩美術大学、日大商学部 非常勤講師 ◎日本広告学会クリエーティブ委員、産業界 評議員 ◎日本マーケティング学会/日本広報学会会員 ◎WOMマーケティング協議会 理事/事例共有委員会委員◎東京コピーライターズクラブ会員 ◎青山学院大学、学習院大学 非常勤講師【受賞歴】カンヌライオンズ、OneShow、クリオ賞、NYフェスティバル、reddotデザイン賞、iFコミュニケーションデザイン賞、クリエイターオブザイヤー、Webクリエーション・アウォード、東京インタラクティフブアドアワード、ACC賞、電通賞など多数。
Pocket

ケロッグ

藤崎 実 藤崎 実 • 2015年7月8日


Previous Post

Next Post