アンバサダー・ラボ編集長の四家です よろしくお願いいたします

Pocket

アンバサダー・ラボ編集長の四家正紀(しけ まさのり)です。

120409shike2
すみません、こんな怖い顔の写真しか持ち合わせがございません。そのうち撮影しなおしますね。

日頃、アジャイルメディア・ネットワーク株式会社をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
このブログ「アンバサダー・ラボ」では、わたくしたちアジャイルメディア・ネットワークが標榜している「アンバサダー」について、ご紹介していきたいと思います。

「アンバサダー」はブログ・ツイッター・フェイスブックと、ソーシャルメディアを活用したマーケティングに取り組み続けたアジャイルメディア・ネットワークが、その実績の中から作り上げ、標榜しているコンセプトです。

詳細はこちらのページをご覧になって頂きたいのですが、あえて一言でいうと

 

「ブランドについて積極的に関わり、発言・推奨する熱量の高いユーザー」を“アンバサダー”と規定し、このアンバサダーと企業の交流を通じて、企業と生活者が一緒に価値形成を行う手法を「アンバサダーアプローチ」という。
ということになると思います。
すみません、ぜんぜん「一言」にまとめきれてませんね。

 

なにぶん新しいコンセプトですし、一部でかなりの成果も上がってはいるものの、まだまだ事例も少ないので、ご理解頂くには難しいところもあるかと思います。

 

ということで、このブログでは、これからのマーケテイングを語る上での重要なキーワードになる「アンバサダー」について、複数のメンバーが様々な角度からご紹介していく予定です。
“ラボ”ですので、現在実験中の話から、まだ未完成のアイディアまで、さまざまなフェイズの記事が上がってくる予定です。

 

取り急ぎ最初のコンテンツとして、取締役・上田玲史が『ファインドスター広告ニュース』に連載中の『アンバサダー思考録 ~ソーシャルは”人”なり~』より、コラムを転載させ頂きます。さらに、さまざまな記事をご用意しております。ご期待頂ければと思います。

 

僕自身は、2004年から企業ブログ運営、2006年からブロガーイベントと、早期からブログマーケティングの仕事に関わってきました。
また一方で個人の立場では、ひとりのブロガーとして様々なブロガーイベント・モニターキャンペーンに参加してきました。

 

そんな経験の中から、この「アンバサダー」について考えていることを、様々な角度からまとめてみようと考えています。是非、お付き合いください。

 

当分は試験運用ということで、いろいろお見苦しいところもあるかと思われますが、企業と生活者の新しい関係性を模索する、すべてのマーケティングご担当者のお役に立てるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Author Profile

四家 正紀
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 シニアコンサルタント
1967年千葉県生まれ 法政大学法学部政治学科卒 1996年(株)インプレス入社。ネット広告事業の立ち上げを担当 2002年(株)カレン入社。広報を担当しながら2004年春から企業のブログ活用について啓発活動を展開。 同年秋から味の素など大手企業のブログ案件プロデュースを開始、数多くの企画を手掛ける。 2007年よりJR東海新幹線ブロガー企画などブロガーイベントのプロデュースも担当。 2010年4月より(株)ニューズ・ツー・ユーに勤務。ネットPRの商品開発、顧客向けイベントなどを担当 2013年7月1日アジャイルメディア・ネットワークに入社。改めて、ソーシャルメディアに挑戦する。 著書  『ビジネス・ブログ・ブック』(共著 2005) 『図解 ブログ・マーケティング (翔泳社・図解シリーズ)』(2005) インターネット白書2007に『ブログマーケティング』について執筆。 他執筆・講演多数。 AMNパートナーブロガーとして 裏[4k] を運営。 また趣味としてソーシャルメディアと連動する落語会『シェアする落語』を主催している。
Pocket

ごあいさつ

四家 正紀 • 2013年9月4日


Previous Post

Next Post